記述ルールと変数の型

この記事ではFortran90プログラムの記述ルールと変数の型について説明します。

記事の最後にサンプルプログラムを掲載しています。

スポンサーリンク

プログラムの記述ルール

・基本構成

Fortran90プログラムの基本構成は以下のとおりです。

program xxx         ! プログラム名
__implicit none     ! 暗黙の型宣言を禁止*
__integer :: i        ! 変数の型宣言 (整数型)
__i = 100             ! 命令文 (iに100を代入)
__write(*,*) i       ! 命令文 (iを出力)
end program xxx   ! プログラムの最後

*implicit noneは推奨設定です。暗黙の型宣言を許してしまうと、後々デバッグで苦しむことに・・・。なお、変数の型宣言はimplicit noneの直後(命令文の前)で行って下さい。

・文字数

1行に記載できる文字数の制限は132文字です。
個人的にはあまり横に長いプログラムを書きません。読みにくいので。

・継続行

長い式を書くときなどは、前の行の「最後」と後の行の「最初」に & を記載すると、継続した行として見なされます。

・コメント文

! (エクスクラメーションマーク)以降の文字がコメントになります。

・複文

; (セミコロン)で区切って、複数の命令を1行に書くことができます。
プログラムが読みにくくなるので、極めて明確な場合を除いて推奨されません。

変数の型

よく使う変数の型は以下のとおりです。

      integer                ! 整数型
      real(8)                ! 倍精度実数型
      character(len=x)  ! 文字型 (xは文字数)
      logical                 ! 論理型 (真と偽)
      integer(1)            ! -128 to 127の整数型*

*integer(1)はメモリを節約したい場合に有効です。例えば、テクニカルシグナルの判定などに使うことができます。
(買いシグナルの場合 = 1, 売りシグナルの場合 = -1, 仕掛けない場合 = 0)

サンプルプログラム

サンプルプログラムを下記します。4-8行目が型宣言、10-14行目が値の代入、16-21行目が出力です。16, 17行目には継続行(&)のサンプルを記載し、21行目には複文(;)のサンプルを記載しました。複文は前述の通り、読みにくいので非推奨な書き方です。

以下のFortranプログラムをコピペし、****.f90の名前で保存して下さい(****の部分は適当でいいです)。コピペが面倒な場合は、こちらからダウンロードして下さい(右クリックメニューから保存)。→ sample02.f90

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
program sample02
  implicit none
!--------------------------------------------------------------------
  integer :: i
  real(8) :: r
  character(len=10) :: c  ! len=x ; x is the number of words
  logical :: l            ! .true. or .false.
  integer(1) :: i1        ! -128 to 127
!--------------------------------------------------------------------
  i  = 17750
  r  = 17750.68d0
  c  = 'Nikkei 225'
  l  = .true.
  i1 = -1
!--------------------------------------------------------------------
  write(*,*) "If I had to sum up my practical skills, &
&I would use one word: survival.  George Soros"
  write(*,*) i
  write(*,*) r
  write(*,*) c
  write(*,*) l ; write(*,*) i1
end program sample02

使い方は、前記事と同様に、****.f90を以下の****.batにドラッグ&ドロップするだけです。
64bit用 → comp_exe_64.bat
32bit用 → comp_exe_32.bat

sample02

こんな画面が出たでしょうか?出ていれば正常終了です。

→ 次の記事へ(データ入出力とフォーマット指定)
← 前の記事へ(gfortranインストール)
目次(Fortran90)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です